レッスン4回目

火曜日から本気を出し、水曜日には力尽き、週末は花火に勤しみ…一進一退を繰り返しながら4回目のレッスンを迎えた。自主練の参考にしたのは以下のサイト↓

 

http://xn--eckm6ioexbw403a97yg.com/

 

弓の持ち方についての解説が右手の親指~小指まで5頁に渡り、構えかたやボーイングも動画付きで分かりやすい。

 

弓を持つ指はきつねさん、ボーイングは肘を身体から離さないように等、有益な情報が多く目から鱗だった。肘を下げる事で前回悩んでいた「右手指を柔らかく腕で体重を掛ける」が少しできるようになった!(気がする)

 

 4回目のレッスンでは、最初は弓が震えてしまったけど、前回よりは太い音が出せた。持ち方を直されたのも親指だけだった。(ありがとう、きつねさん…)また、bpm80の2拍で弓を折り返す、1拍で折り返す練習をし、テキストの1頁目に突入した!

 

まだまだ開放弦だけの練習が続きそうだけど、綺麗な音で弾けるようになりたいから、焦らずやっていこうと思う。

 

 

あとこのページ自分しか見てないと思ってたらちょいちょいアクセスされてて☆とか頂いてありがとうございます。

 
f:id:su-mozuku:20170806203551j:image

鮎祭りの花火!綺麗だった^^

レッスン3回目

月火水木と練習をサボってしまった。そのせいもあった(てかそれに尽きる)と思うけど、3回目のレッスンは全然進まなかった。

 

bpm60の4拍で弓を端から端まで動かす課題で、弾きはじめてすぐ弓が震えてしまって、先生の指導が入る。「親指出さないで」「人差し指もっと曲げて」「小指は弓に触れるくらい」と直される。持ち方を維持しようとすると「指・手首に力を入れないで体重を乗せて」と言われて、何処に?どんな向きに?が分からず思考停止。されるがままに弓を動かしても、弓を返すところでガリガリする・音が下がるが頻発。「そうそう今の感じ!」と言われても動かしてるの先生だから全く実感がない。どんどん音が汚くなってる気しかしない…

 

最後に上記不満をオブラート3重程包んで伝え、頂いたアドバイスは以下の 通り。

 

①楽器を胸&顎で支える癖があるので肩にしっかり乗せること

②右手指は力を入れず(右腕全体を人差し指第2関節に乗せるように)弓に体重を乗せて弾くこと

③音が下がったりガリガリいうのは弓の移動速度が遅いから。今週はbpm72程度で練習すること

 

宿題はまた一週間これか…という落胆。全然楽しくない。今週は忙しくても毎日(10分でも)練習しよう。ネットでボーイング動画とアドバイス的なものを探して、鏡の前で弾いてみよう。

 

疲れた。

レッスン2回目

少し早く着いたのでモスでクールダウン後、レッスンに臨んだ。弓を持って色んな角度に腕・手首を曲げる体操をした。指がずれたり、持ち方を直される回数が減った。(人差し指がついつい伸びてしまう)腕を伸ばした時は指も少し伸び、曲げた時は丸くするよう言われた。

 

↓の肩当てを購入したので、高さを調節してもらった。

 

https://www.amazon.co.jp/KUN-%E3%82%AF%E3%83%B3-%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%A9%E8%82%A9%E5%BD%93%E3%81%A6-Original-%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB/dp/B000FIEND2

 

弦の名前と譜面での位置を教わり、1弦ずつbpm60の4拍で弓を折り返すくらいの速さで弾いていく。宿題もこれになった。

 

演奏後の楽器の手入れ方法を教わった。指板の下までクロスが入る事に今頃気付いて少しびっくりした。

 

早く音階弾きたい…自分の楽器欲しい…帰りにお洒落なタコス屋さん見つけたので今度行ってみたい…

 

消音器を買った

1回目のレッスンから2日。Amazonで注文した教本と消音器が届いた。消音器はこれ↓

 

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B006GCNUHQ/ref=yo_ii_img?ie=UTF8&psc=1

 

プライム会員だと配送早くて助かる(運送業者の皆様、ありがとうございます)。昨日は駒にティッシュ巻いて洗濯ばさみで挟んで恐る恐る弾いてたけど(先生、すみません)、今日からは普通に弓の練習が出来そうだ。右手の弓の動かし方を運弓、ボーイングとかいうらしい。その練習と宿題の弓の体操を毎日やるのが今週の課題。平日は…10分くらいでいいかな…。

 

そういえば肩当てを数種類お借りして、高さとか変えながらあれこれ試した結果、一番ポピュラーなKUNで良いかなって結論に達した。細くなってる方(胸に当たる方)を高めにすると安定する気がするけど、左右で極端に高さが違ってて良いのだろうか。来週聞いてみよう。

 

 

レッスン1回目 (17/07/XX)

始めてのレッスンだった。入会まで悩みに悩んだのと月3回レッスンの都合上、体験レッスンから約3週間が経っていた。

 

レッスンの前に先生と営業さんと楽器の選定をした。入会時に予算(諸々込みで20万以内)を伝えて、お願いしていたものだ。(社会人ならもっと出せよと思われるかもしれないが、扱い方も知らない一生続けられるかもわからない初心者が持つには妥当な金額かなと思っている)

 

「宜しくお願いします」と部屋に入ると、4本のビオラ。値段や品名を尋ねてはいけない雰囲気。「今から順番に弾いていきますので、どの音色が好きか意識して聴いていて下さい」と先生。ん…なんか試されてる気がする。1本目は柔らかい音色。先生上手い…なんか右から2番目の弦を弾くと反響音が伝わってきて良い感じだ…。2本目は楽器も音も大きい。高音がクッと前に出てきてソロのギターみたい。ちょっと耳が痛い。3本目はあまり印象に残らず。4本目は一回り小さくて先生弾きやすそう。音も低音から高音までビオラらしい味がある…気がする。

 

自分でも(先生に操られながら)弾かせてもらって、1本目と4本目が気に入った事を伝えた。特に1本目の他のビオラにはない反響がとても気に入った。しかしこのビオラ、少し大きい…40cm以上あるそう。もう少し小さいサイズが入るまで、教室の備品を借りる事が決定した。ちなみに気になるお値段は、1本目から12万、15万、10万、26万!!だった。4本目、そんな高級品だったとは……恐るべし。

 

休憩後、レッスン本番。右手の弓の体操と、教本の確認、ビオラの各部名称の説明で終了した。(これだけ?とちょっと拍子抜け…選定もあったからこんなもんか…)宿題は弓の体操4種類。そして備品のビオラの持ち帰り許可を頂いた!!チャラララーー↑(ゼルダのSE)

 

お借りできるとは露知らず自転車で来てた私は、リュックをハンドルに掛けビオラをしっかり担いでぶつけないようビクビクしながら帰りました。

ビオラ始めました (17/06/XX)

大手音楽教室の体験レッスンに行ってみた。

始めて触ったビオラ。大きい。先生が肩当てを付けてくれて、肩に乗せてみる。想像以上に、重い…「出来れば首と肩だけで支えてみて下さい」と言われる。首がえぐれそう。辛そうな顔を見かねてか、左手でボディ持つよう言われる。何とか落ち着いた。右手の指を一本ずつセットしてもらい、弓を持つ。弦に乗せ、動かしてもらう。(操り人形状態ではあるが)始めて間近で聞くビオラの音色。(おお…渋い…セクシーだ…)酔いしれるのも束の間、

「今度は、自分で弾いてみて下さい」と先生の手が離れる。先程と同じ軌道を描くよう右手を動かす。隣の弦に触れてしまう。何故か弓がバウンドし始め、音が震える。む、難しい…。何とか弓全体を使って4本の弦を弾ききり、体験レッスン終了。